ADHD

ADHD治療薬-コンサータを飲んでみた体験談

こんにちは、むのです。

今回はADHDの治療薬「コンサータ」について、私の体験談をまとめていきたいと思います。

ADHDの診断がおりて、薬での治療をはじめるとなった時

  • どんな効果があるのか?
  • 副作用はあるのか?それは辛いものなのか?
  • 本当にADHDに効くのか?
  • 飲み続けても大丈夫なのか?

といったことが気になってくると思います。

基本的には担当のお医者様に質問し、説明を受けるのが一番良いですが、他の人は実際どうなの?というところはやはりあります。

私も飲みはじめる前に様々なブログや本で情報を集めました。そして実際に1年間飲んでみた結果をここに書いています。

これから服用を考えている方、服用中の方の参考になればと思いますので、よかったら読んでみてください。

はじめに:コンサータという薬とは

最初に大事なことですが、薬の効き方には個人差があることをご承知おきください。

発達障害は症状の内容や重さが人によって異なります。私と全く同じ効果・副作用が出るとは限りません。

心配な点は担当医としっかり相談し、ご自身に合った治療方法を選択してください。

 

「コンサータ錠」はどんな薬?

  • 一般名を「メチルフェニデート塩酸塩徐放錠」といいます

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療薬の一つです。

脳内の神経伝達物質が正しく働くように助けてくれます。主に注意力散漫や衝動性を改善するお薬です。

登録した医師しか処方ができず、市販では買うことはできません。

また、現在は患者側も登録が必要で、登録カードを提示しなければ薬をもらうことが出来ません。

即効性×1日をかけて効果が持続

徐法性製剤(じょほうせいせいざい)という仕組みの薬で、飲んだあと少しずつ薬の成分が溶け出していくものになります。

服用後1時間位で効果が出始め、12時間程度持続します。その後はゆるやかに効果が消えていきます。

主な効果・副作用

  • 集中力を高める
  • 行動意欲を高める
  • 多動・衝動性を抑える
  • 副作用には食欲減退・悪心・不眠・頭痛・腹痛などがある

値段

私の飲んでいるコンサータ錠18mgは、30日分で約3千円(保険適用の値段)。1錠344円位となります。

診察代と合わせると1回で5000円程度かかってしまうため、負担が大きい印象です。

しかし、こちらは「自立支援医療」を受けることで自己負担額を減額してもらうことができます。治療が始まったらすぐに申請しておくのがおすすめです。

 

20210715_eye
「自立支援医療」を利用してお財布の負担を軽くしよう こんにちは、むのです。 今回は「自立支援医療」という制度の紹介と、実際に利用している私の体験談を書いていきます。 以...

飲んでみて起こった変化

服用を開始した時の私の状態はこちらになります。

  • 身長152cm
  • 体重43kg
  • デスクワーク職。運動量は最低
  • 抑うつの症状があり、別の薬を数年間飲んでいた
  • その他の持病はなし

個人の体調や体格でも効果が変わるそうですので、参考までに。

効果があったこと

  • 日中の眠気が改善
  • 気が散らなくなる
  • 頭の中の雑念が減る、静かになる
  • 感情の起伏が穏やかになる
  • 常にあった焦燥感・不安・緊張感がやわらぐ
  • うっかりミスが減る
  • やる気が出て行動までの時間が早くなる
穏やかな心イメージ
●日中の眠気が改善

睡眠が足りていてもどうしようもない眠気に襲われ、会議中にうとうと・・・ということが無くなりました。

コーヒーを飲んだときのような興奮して目が覚める感じではなく、頭が常にクリアな感じです。

●気が散らなくなる

不注意優勢型の私はちょっとした事で興味が移ります。

調べ物の途中興味のある画像に目を引かれたり、声や音がした方を見てしまったり。作業と関係ない悩みや思いつきが頭に浮かんで来ては、ずっと繰り返されたりします。

薬を飲むとそれらに反応することが無くなりました。

気が散る事があっても「今は必要ないから後で」と、意識しなくても無視できるようになりました。

●頭の中の雑念が減る

頭の中が空になり、心が落ち着く感覚になります。寝起きの何も考えていない状態で、意識や感覚はスッキリしているというような感じです。

一つ一つ目の前のことに集中できるようになるため、ミスも減りました。

●常にあった焦燥感、不安、緊張感がやわらぐ

不安・焦りで毎日ざわざわとしていた心が、すっと落ち着く感覚になりました。余分な緊張を解くことが出来ます。

普段は緊張や不安を感じると、余計に不安感が強まり苦しくなったりするのですが、その連鎖が起きなくなります。

不安感の少ない人の世界はこんなに生きやすいのかと感動しました。

一度「普通の人の感覚」を体験すると、基準にできる

コンサータがない時は元の状態に戻ってしまいます。

ですが、薬によって「普通の人の感覚」を体験しておくと、それを基準に今の状態を分析して動けるようになります。

たとえば何か不安に襲われた場合、以前ならその状態がよくわからないため焦りが生まれます。

これが薬を飲んだ後だと

「飲んでいる時に気にならなかった事が今は気になる」→「これは発達障害の症状が出ているのかな?」→「では、○○すれば大丈夫かも」

というように、自分の行動を客観視しやすくなります。

実際に起きた副作用

副作用が出たときの個人的なタイミングは

  • 飲み始めて3日位の間
  • 寝不足・生理などで体調が悪い時
  • 薬の血中濃度が高い時
  • 薬が切れる時間

でした。私が体感した副作用は下記のようなものです。

  • 胃のむかつき
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 頭痛
  • 憂うつ感
  • 焦燥感

副作用はどのくらい辛いのか?

●飲み始めの副作用がちょっとつらい

どの薬も体が慣れるまでしばらくは副作用が辛いと思います。

個人差はあると思いますが、私の場合は2,3日程度吐き気・頭痛・お腹がゆるくなる症状が出ました。

特に初日。胃がムカムカして吐きたいけど吐くものはない感じや、頭がズキズキと重く痛みました。お腹もゆるくなり、トイレから出られない時間帯がありました。

この日は会社に行きましたが、流石に座って作業ができず途中で早退してしまいました…_(:3 」∠ )_

●体調が悪い時は副作用が強く出るので注意

寝不足の日や生理前など、元々不調になる時は薬の効果が強く出過ぎるようです。

せっかく良い効果のある薬なので、副作用でぐったりしてしまうのはもったいないです。生活リズムはしっかり整え、効果を最大限に使えるようにしようと思いました。

●1週間位で副作用は収まってきました

飲み始めのときのような強い副作用は1週間ほどで収まりました。飲み続けている現在は薬が切れる時に頭痛がある程度です。

 

ADHD症状に効果はあるか?

個人の意見ですが、私は薬の相性が良かったため効果を感じられました。

しかし、症状が完全に消えたり、定形発達の人と全く同じようになれるというわけではありませんでした。

薬を飲むと自分が変わった・何かやれるような気になってきますが、基礎能力が上がっているわけではないので、勘違いしない事が大事だと思っています。

薬で脳の機能をサポートし、生きやすくなったところで能力を底上げしていくのが正しい薬との付き合い方だと考えています。

勉強イメージ

 

飲み続けて1年、現在までの様子

  • 服用開始から1ヶ月くらい→ 改善が目に見えて分かる。効果を強く感じる。
  • 3ヶ月後→ 徐々に薬に慣れてくる。効果は出ているものの弱く感じる。
  • 半年後→ 3ヶ月後と同じ状態。
  • 1年後→ 効果は続いている。依存性はなし。仕事のある日は飲み、土日はお休みするという飲み方をしている(※担当医と相談の上)

 

継続して飲み続けると体も慣れてしまうのか、最初ほど強い効果は感じられなくなりました。

集中力アップなど安定して効果が出続けている一方、不安感の復活やミスなど、薬ではどうにも対応できない部分も見えてきました。

そこは性格や能力不足と考え、自分に合った対応策を試行錯誤しているところです。

以上がコンサータを飲んだ体験談になります。何か参考になるところはありましたでしょうか?

今後も発見や所感があれば追記して行こうと思います。お読みいただきありがとうございました。